過去の取扱事案例

過去の取扱事案例

顧客対応

顧客からの預かり物破棄のトラブル

依頼者は顧客から預かった物品について、従業員のミスで誤って破棄処分してしまった事業者でした。

顧客からのクレームに対し、当初事実関係の確認が不十分であったため「不当なクレーム」であると誤解したこともあり、顧客への対応が十全ではなく、トラブルが拡大している案件でした。

当職はご依頼をいただき、事実関係を十分に調査し、顧客に対しても調査結果の説明と、当初の対応についての謝罪と説明を行いました。

その結果、顧客は最初は立腹していたものの、最終的には理解納得していただけ、誤って破棄してしまった物品の時価相当額を賠償するということでご理解をいただけました。

解決まで、およそ2か月を要した事案です。