事務所発信記事

事務局ブログ

【事務局ブログ】伝統文化

立冬が過ぎたというのに大阪は気温が高い日も多く、冬を実感する日も少なかった11月ですが

朝晩の気温がぐっと下がる日も増え、やっと冬の気配を感じるようになりました。

街中では年末年始の準備も始まり、2019年の終わりが近づいている寂しさと

東京オリンピックが開催される2020年に近づく楽しみが交錯しております。

そんな中、日本伝統文化であります年賀状の作成に取り掛かろうとしておりますが

この文化はいつ頃から始まったものなのか、気になったので調べてみました。

日本で最初に年賀状が出された記録は不明ではあるものの、平安時代には広まっていたようです。

ただ、貴族の習慣であり、一般的に広がったのは江戸時代に入ってからとのことでした。

こうして古くから続く文化ではありますが、年賀状発行部数も減少しているのは寂しく思います。

私自身、多くは送らないですが、これからもこの文化を大切にしていきたいと思います。