事案例

事案例

相続関係に関する手続き [相続・遺言]

 相談者は、御主人(被相続人)の作成した遺言書が、「意思無能力によって無効であると子どもたちから言われている」との内容で、相談に来られました。  当事務所で受任をさせて頂き、遺言書が有効に作成されたも続きを読む…

岩上安身氏との損害賠償請求事件 [名誉毀損に関連する裁判例]

【事件概要】 当事務所の代表について、ジャーナリストである岩上安身氏が、「橋下徹が30代で大阪府知事になったとき、20歳以上年上の大阪府の幹部たちに随分と生意気な口をきき、自殺にまで追い込んだことを忘続きを読む…

会社間のトラブル [契約トラブル]

 御相談者は、下請先に製造委託した商品の納期が守られないだけでなく、商品製造が困難であることを理由に一方的に解除を申し立てられてしまい、それにより多額の損害を被ったことから、今後の対応についてどうすべ続きを読む…

顧客からの預かり物破棄のトラブル [顧客対応]

依頼者は顧客から預かった物品について、従業員のミスで誤って破棄処分してしまった事業者でした。 顧客からのクレームに対し、当初事実関係の確認が不十分であったため「不当なクレーム」であると誤解したこともあ続きを読む…

交通事故に関するご相談⑤ [交通事故]

 相談者は、車両を運転し、信号で停車中にいきなり後方から別の車両に衝突されるという交通事故に遭われ(100対0)、通院されていましたが、首の痛みが消えない内に保険会社から医療費の支払いを停止させられそ続きを読む…

退職トラブル [労働(被用者側)]

 依頼者は、退職した会社から「退職前に担当していた業務に関し、相当額の金員及び物品が所在不明となっている」として、その返還及び賠償請求を受けている方でした。  当職が詳しく話を聞くと、そもそも当該会社続きを読む…

不貞行為に関するご相談 [離婚・男女トラブル]

 相談は、妻子ある男性と不貞をしてしまった女性からのものでした。  既にその男性との間には子供までおり、不貞の事実については争いようのない状況であったため、相手方のお怒りは相当なものだったのですが、何続きを読む…

残業代請求 [労働(使用者側)]

 相談者は、残業代の支払を求められている会社からのものでした。 当事務所の方で調査したところ、相手方の請求には残業として認められてしかるべき部分もありましたが、残業として認められない時間帯についても残続きを読む…

大麻取締法違反罪の弁護活動 [刑事事件]

 依頼者は親族が大麻取締法違反の罪で逮捕拘留されているという方でした。  当職は依頼を受けてすぐに接見に向い、本人から詳しく事情を聞き取りを行いました。  その結果、大麻取締法違反のほう助となりうる事続きを読む…

交通事故に関するご相談④ [交通事故]

 依頼者は信号機による交通整理のなされていない見通しの悪い交差点において衝突事故を起こした方でした。  保険会社からの提示では、過失割合が依頼者4:相手方6というものであり、通院慰謝料などについてもい続きを読む…