事案例

事案例

株式会社日刊現代との損害賠償請求事件 [名誉毀損に関連する裁判例]

【事件概要】 株式会社日刊現代の記事に「毎月300万円の大豪遊」等の見出しで、事実と全く異なることを書かれたと馬場伸幸衆議院議員(現 日本維新の会 幹事長)から当事務所にご相談がありました。 こちらか続きを読む…

元大阪市長との損害賠償請求事件 [名誉毀損に関連する裁判例]

【事件概要】 当事務所は被告の代理人。 平成26年3月,被告がいわゆる大阪都構想の是非を問う住民投票に向けたタウンミーティング及び街頭演説において行った大要「従来の大阪市政のあり方について批判し,これ続きを読む…

週刊新潮との損害賠償請求事件 [名誉毀損に関連する裁判例]

【事件概要】 当事務所は原告代理人。 (株)新潮社が発刊した「週刊新潮」2011年11月3日号に掲載された記事(以下「本件記事」)において、原告の親族の経歴や原告の政策姿勢について虚偽の事続きを読む…

週刊文春との損害賠償請求事件 [名誉毀損に関連する裁判例]

【事件概要】 当事務所は原告代理人。 当時、大阪市長であった原告が、被告に対し、被告が発刊した週刊誌「週刊文春」平成25年5月30日号に掲載された記事(以下「本件記事」)によって名誉を毀損続きを読む…

光市母子殺害事件弁護団との損害賠償請求事件 [名誉毀損に関連する裁判例]

【事件概要】 当事務所が被告代理人となっている損害賠償請求事件。 1999年4月14日、山口県光市において当時18歳の加害者少年が女性を殺害しその後死姦。被害女性の娘である生後11月の乳児も殺害しそ続きを読む…

不貞行為に関するご相談 [離婚・男女トラブル]

 相談は、妻子ある男性と不貞をしてしまった女性からのものでした。  既にその男性との間には子供までおり、不貞の事実については争いようのない状況であったため、相手方のお怒りは相当なものだったのですが、何続きを読む…

残業代請求 [労働(使用者側)]

 相談者は、残業代の支払を求められている会社からのものでした。 当事務所の方で調査したところ、相手方の請求には残業として認められてしかるべき部分もありましたが、残業として認められない時間帯についても残続きを読む…

大麻取締法違反罪の弁護活動 [刑事事件]

 依頼者は親族が大麻取締法違反の罪で逮捕拘留されているという方でした。  当職は依頼を受けてすぐに接見に向い、本人から詳しく事情を聞き取りを行いました。  その結果、大麻取締法違反のほう助となりうる事続きを読む…

交通事故に関するご相談④ [交通事故]

 依頼者は信号機による交通整理のなされていない見通しの悪い交差点において衝突事故を起こした方でした。  保険会社からの提示では、過失割合が依頼者4:相手方6というものであり、通院慰謝料などについてもい続きを読む…

顧客トラブル [顧客対応]

 依頼者は顧客から修理のためとの名目で預かった物について、確認検査の結果修理費用が高額に上るとの見積もりを出すと、顧客の態度が難化し、「依頼者の従業員が低額での修理が可能であると述べた」などとして本来続きを読む…